ゲーム攻略&フリーアイコン/雑記ブログです。

ゲーム

FPS/TPSで少しでも強くなるために【PS4】

投稿日:

FPSやTPSではエイム力が重要となってきます。強い人は立ち回りのセンスが良く、エイム力もあります。

私はFPSやTPSは好きですがあまり強くはないので、少しでもマシになるためにPS4のコントローラーにエイムスティックとエイムリングを付けています。

ちなみにやっているゲームはオーバーウォッチ、フォートナイト、COD BO4、Apex等です。

  • エイムスティックとは
  • エイムリングとは
  • 最後に

エイムスティックとは

こちらの写真の右スティックのオレンジ色の部分です。コントローラーがベリーブルーなせいで色合いがエグいですね。右左セットで売っていますが、左側は付けていません。付けると左も若干高さが出ますが押し込み(L3)をしにくい気がしたので左スティックには何かのおまけでついてきた、すべり止め的な効果があるよく分からないスティックカバーを付けています。

私が使っているのはFPS Freek Vortexという製品で、約2000円ほどでした。ちなみにプロゲーマーの方もこちらを使っているという噂です。他の色もありますが、ただの色違いというわけではなくてスティックの表面が凹んでいたりボコボコしていたりするので、色ではなく手障りを想像して選ぶといいと思います。

最初は違和感がありますがスティックに高さが出るので、エイムの細かい操作が可能になり使っていくうちにこれがないとダメになります。

少しでもエイムしやすくするために付けることをオススメします。

 

 

エイムリングとは

エイムリングはスティックの可動部分に付けることによって、さらにエイムの微調整をすることが可能になります。

正直、エイムスティックを付けたときよりエイムリングを付けた後のほうが操作の違いに感動しました。結構強くスティックを倒さないとカメラが動かないのでゲームのほうは設定で感度を高めにしています。エイムリングの弾力でゆっくりカメラを動かすことも可能ですし、グイっと思いっきり倒すとカメラが素早く動くのでとりあえずどのゲームでも感度を上げています。

エイムリングも色々なメーカーから商品が出ており、私が使ったのはCURBXとサイバーガジェットのエイムリングで、好みにもよりますが圧倒的にCURBXのほうが使いやすかったです。

CURBXのエイムリングは硬さで色が違うので、購入時には好きな色で選ばないようにしましょう。 どの硬さがいいのか悩む方にはいろんな硬さのセットもあるので、そちらを購入してみて使いやすかったものをリピートするのもアリだと思います。

私が愛用しているのは130の硬さですが、オススメのあまり会社でゲーマーの人に配りました。(4つ入っていてあまり消耗しないため)

2人に配ったのですが2人とも操作のしやすさに感動していました。会社の人達とはApexをやっていたのですが、そのうちの1人が初心者だったのに今では1マッチで10キルほどできるようになっています。私は0キル⇒3キルくらいの成長でしたが効果はあったと思います。

ちなみにCURBX の130ですが商品画像では赤に見えますが実際めちゃくちゃオレンジです。たまたまエイムスティックと同じ色になりました。

 

最後に

少しでも強くなるために練習も良いですが、ハード面を固めましょう!







-ゲーム
-, , ,